BOOKSHOP Kasperブックショップ カスパール

2021/11/08

interview with Iku Dekune



銅版画家/画家である、出久根育による

初めてのドローイング作品の個展を開催することになりました。



28点の作品のモチーフは、

出久根の愛猫である猫と自邸の庭へ遊びにやって来る猫たちです。



2年前に娘と訪れた出久根のプラハ郊外のアトリエ。

窓の外に見えるプールと猫たちの遊ぶ広々とした庭、

作品の鮮やかな色彩が生き生きと瞼に浮かびます。



出久根は、猫たちに自分の感情を重ねることはせず、

ただその美しく愛しい姿をうつしとることを試み、

その美の本質とは何なのかを追いかけています。



ただ純粋に愛するという行為の難しさに、

わたしたちは人生の様々な局面で立ち尽くします。



愛を創作への静かな炎へ昇華させ、描くことに向き合い続けること。

絵からは画家のその真摯な想いが伝わって来ます。



あれから2年。

プラハへの旅の直後からわたしたちを取り巻く世界は

変容を続けていますが、

彼女は変わらずに描くことに向き合い続けています。



出久根育の描く生きるものへの優しい眼差しに、

この展示会でたくさんの方に触れて欲しいと願っています。






1 
製作の拠点をヨーロッパの中心であるプラハにされているのは何故でしょうか?

もともとプラハに住み始めたのは偶然ですが、
暮らしていくうちに、この国に魅了され、
心地よさを感じ、気がついたら20年が経っていました。
街のサイズ感がちょうどよく、あまり雑多な余計なものが目に入りにくく、
心地よく暮らせます。
また、非常に個性的な国であることも魅力のひとつです。



2 
アトリエではどんな風に1日を過ごされていますか?

アトリエといえるほどのスペースはないのですが、
部屋に机を二つ置いて仕事をしています。
ひとつは、ドローイングや自由に使えるように置いてある机、
もうひとつは、絵本のイラストを描くための机です。 
朝は猫の絵(または、気分で点や線、思いついたもの)を数枚描いてから、
絵本の仕事をします。
長い時間ずっと描いていると体が凝ってしまうので、
台所に立ったり、洗濯物を干したり、
庭に出て花の世話をしたり、近所へ買い物へ行ったり、
ぐるぐると仕事の合間に雑用をしながら、夕方まで絵を描いています。
夕飯の後、また部屋に戻って、締め切りが近ければまた絵本の仕事をしたり、
文章を書くことや、調べもの、ドローイングなどをしてから寝ます。


3 
個展タイトル「サビンカ」について教えてください

わたしの飼っているさび猫の名前です。
プラハに来てから3匹目の猫で、
ちょうど1年前に我が家に迎え入れました。
愛しているところに美があるから猫を描く、
というようなことを猪熊弦一郎さんがおっしゃっていたようですね。
まさにその思いです。
それをずっと描くことで見えてくるものをしっかり描きたいと思っています。
その他、庭にやってくる馴染みのある猫や、
去年まで18年間一緒に暮らした黒猫ドラの絵などもあります。




4 
現在は母校である武蔵野美術大学で、
客員教授として教壇に立たれることもあると伺いました。
アーティストとして、新しい世代に伝えたいと思うことはどんなことでしょうか?

現在は、武蔵野美術大学は教えていません。
横浜美大で1日ゲスト講師のような形で、絵本のことなどを話しています。
今は若い世代が自由にのびのび活躍をしているのを頼もしい気持ちで見ています。
海外で活躍する若い人も増えている気がします。
日本はとくに、さまざまなことがすぐに社会現象になったり、
流行りや廃りがはっきりとしていることや、
ジャンルわけを明確にしたいという性質の強い国だと思うのですが、
そういうことにあまり関係なく、表面にまどわされないで本質的な捉え方、
表現をしてほしいな、と思っています。
みな違うし、多面性もあるし、そういうところを認めた上で、
その奥底につながっている普遍的なものを大切にしてもらいたいな、という気持ちです。


5 
創作の源になるものについてお聞かせください。


私の描きたいものはみんな、実物そのものの色や姿が美しくて到底描けないので、
描きたくない気持ちでもあります。
とても本物には近づけないので、いつもがっかりするからです。
でも、きれいだな、素晴らしいな、と思うところには、
色や形やコンポジションの目に見える美しさだけではなくて、
そのなかに存在する、目に見えない美しさや漂うものを追いかけていたい気持ちがあります。
そして、それは、それを見る自分の心でもあります。
いろいろなエッセンスをちょっとずつ吸い取って、
その蓄積で、なにか自分らしいものが描けたらいいな、と思っています。
描きたいというよりも、見ていたい、感じていたい、というほうが強いかもしれません。








Iku Dekune interview

https://www.deku.cz



1 

Why are you based in Prague, which could be thought of as the center of Europe?


I moved to Prague by chance, but gradually became fascinated with the Czech Republic and felt increasingly comfortable there… and now 20 years have passed!

I like the size of the city. There is not too much visual distraction and its comfortable to live in. And its unique character is one of the main reasons why this country attracts me.



2 

How do you spend a day in your studio?


Its not big enough to be called a studio, but I have two desks in a room.

One is for drawing and other stuff, and another is for picture book illustrations.

I make a few drawings of cats (or dots and lines, whatever comes to my mind), 

then I start working on picture books.

I get stiff shoulders after long hours of sedentary work, so I do odd jobs in between,

like cooking, drying laundry, taking care of flowers in the garden or going shopping. 

I work until the evening.

I go back to the room after dinner for more work on picture books (if the deadline is short), 

writing, researching or drawing, before bed.



3 

Tell us about “Sabinka”, the title of the show at Kasper.


Its my cats name. Its my third cat since I moved to Prague. I welcomed it into my life just a year ago.

Genichiro Inokuma said that he draws cats because there is beauty in what you love.

Thats how I feel. I want to draw what has lingered in my vision after having drawn for a long time.

I also draw cats who often visit my garden, and a black cat named Dora I lived with for 18 years.




4 

 I heard that you have taught at your alma mater, 

Musashino Art University as a visiting professor. 

As an artist, what do you wish to tell to the next generation?


I dont teach at Musashino Art University now, 

but I talk about picture books at Yokohama University of Art and Design as a part-time lecturer.

Its so nice to see younger generations being freely active. More people are active overseas.

In Japan, things come and go so quickly and this transition is apparent, 

and I feel people have a tendency to classify things in terms of genre.

But I wish young people to capture and express the essence of things 

without focusing on such superficial aspects.

All people are different and multifaceted. I wish for them to accept that, 

and embrace the universality connected deep inside.




5 

What is your source of creativity?


All the things I want to draw have shapes and colors that are too beautiful to draw, so, at the same time, I dont want to draw.

Im always disappointed because I cant get it closer to reality.

But, things I find beautiful or fascinating have beauty inside as well as in their color, shape and composition, and I feel like going after this. At the same time, it is my mind that sees it.

I would like to draw something that is very me’, by absorbing and accumulating various essences little by little.

I might want to keep watching and feeling rather than want to draw.









2021/10/14

Interview with Yusuke Tsuchiya




土屋祐介による「飛べない人魚の肖像」という作品の写真を見た時

とても不思議な気持ちになったのを覚えている

その像を通して

わたしは

見えない何かを知覚しようとしていた




土屋の作品は、多くは人体をモチーフとして

時間と空間を自ら作り出し組成する力を持っている




「arium」という装置を通して

見えないはずの何ものか=像が空間に立ち現れる

その時間にも空間にも属さない「何か」を永遠に問い続けていたくなる


その時

「わたし」という存在も問いの中で

まるで漣を立てるように揺らぎはじめ

知覚することの不確かさの前に

ただ立ち尽くす













1.
どんなものと出会った時、心を動かされたと感じますか?
過去の出来事の中で印象に残ったことがあれば教えてください。

あらためて振り返ってみると、些細な事が多いように思います。
日常生活の中の何気ない瞬間に目を奪われたり、
気にもとめていなかったことがとても尊く見える時などは心を動かされますし、
そのままの状態をどうにか記憶に留めて置きたいと思っています。


2.
何故、表現の手段に彫刻を選ばれたのだと思いますか?  
非常に抽象的な質問ですが、彫刻家の社会における役割についてどう思われますか?

元々は立体物を作る仕事がしたいという理由で美術大学を志し、その延長で彫刻学科を専攻することにしました。
彫刻を表現の媒体に選んだ大きな理由無いのですが、手で直接形を作ることのできる粘土は、
自分の肌に合うものがあり、学生時代からテラコッタでの造形表現を試みています。
彫刻家の社会における役割は、現代において決して大きくはないと思っていますが、
作品が作り出す空間に浸ることや目の前の存在と向き合う時間を持つことは、
私自身にとっても、忘れてはいけない大切な感覚を呼び戻すための装置のように感じています。



3.
遠くを見つめるような表情をしたテラコッタの肖像作品には、
性別や年齢を特定する手がかりはあまりないように思います。
肖像は土屋さんご自身の投影なのでしょうか?

性別や年齢などは断定できないような造形にしたいと思い、
意図的にそのような形を作っています。これは特定の誰かの物語から離れ、
人間という生き物を包括的に現す存在にしたいとの思いからです。
特定のモデルなどはいないことが多いので、肖像を構成する要素に少なからず私自身が投影されていると思います。
しかし、それは個人的な内容が投影されているというよりは、
私と人間全体の共通項を探りながら形にすることで、そういった成分のようなものが作品の中に混ざっているのかなと思っています。



4.
人体の一部をモチーフにした小作品は、「彫刻に触れる」という行為を通して鑑賞者と作品を近しくしてくれます。
これらの作品のテーマについてお聞かせください。

最初は習作のつもりで小さな手の作品を作り始めたのですが、
手の表現の豊かさや、人間を象徴するような特徴的な存在感に、人間を表現するのに充分なモチーフであると感じました。
また、身体の一部だけを作品化することで生まれる無名性に魅力を感じ、
そこから派生して足や横顔などのシリーズが生まれていきました。



5.
Kasperの展示での構想を教えてください。

展覧会のタイトルになっている「arium」という言葉は、
「〜に関する場所」という意味なのですが、これは単体では使用されない言葉です。
(arium自体は接尾辞で、planetariumがplanet+ariumという組み合わせであるように、別の言葉と結びつくことで作用する。)
切り取られた作品達は、それぞれが単体で意味するものはとてもささやかなものかもしれませんが、
作品を見た人の中でそれらが星座のように様々な形で結びつき、
その人だけの場を感じることができるような展示にできればと思っています。






 Interview with Yusuke Tsuchiya


1

Tell us about the things or events you are/were emotionally moved by.


Looking back, they seem to be small things. 

When moments of everyday life capture my eye, 

or the things I hadnt paid attention to before suddenly feel so precious,

I feel moved and want to keep them as they are in my mind.




2

Why did you choose sculpture as a means of creative expression? 

This is an abstract question, but what do you think about the role of a sculptor in society?


I originally entered an arts university to study three-dimensional objects, 

and ended up majoring in sculpture. There is no special reason I chose sculpture,

but clay works well for me as I can make forms by hand with it. 

Ive been working with terracotta since I was a university student.


I dont think that the role of a sculptor in society is big,

but I think immersing yourself in spaces that sculptures create, 

and having time to face beings in front of you, could help conjure important feelings.





3.

Your portraits in terracotta dont give clues to identify sex or age. 

Are they self projections?


I intend to create sculptures in which you cant identify sex or age. 

That is because I want them to represent human beings comprehensively, 

away from someones personal stories.


Most of my works are not modeled after specific persons, 

so they might, to some extent, project myself in certain components. 

But I think they also project common traits between myself and entire human beings rather than something personal in me.



4.

Your small pieces using a part of a human body as a motif, 

bring viewers closer to the sculptures through the act of touching them

Tell us about this theme.


I originally started making small pieces of hands as a study for a sculpture,

but their rich expressions and symbolic presence made me think that they are a powerful motif to express human beings.

I also like their anonymousness resulting from using a small part of the body. 

A series of feet and profiles have been created as well.



5.

Tell us about the concept for the upcoming show in Kasper.


The title arium is a suffix meaning a place for

You dont usually use it on its own. My works are, similarly,

parts that are cut off from a whole. 

What they individually mean might be modest, 

but I hope they link together like constellations in viewers minds, 

and make them feel their own unique space in the show.







 

2021/10/11

土屋裕介個展『arium』





 


土屋裕介個展

『arium』



10.16(sat)-31(sun)

11:00-17:00

期間中:月火休













生まれた形は 途中の続き
記憶の外側 名の無い標
いつかのあなたを いつかのわたしへ
いつかのわたしを いつかのあなたへ
切り分けられた あちらとこちら
並んだ此処で あわいを拾う
---


彫刻家 土屋裕介による
葉山で初となる個展を開催致します
風薫る秋の葉山へ
ぜひお出かけくださいませ  









◯special event◯

10/23 (sat)13:00-17:00
音楽家 宮内優里さんによる
展示空間のためのBGM演奏
(FREE ENTRANCE)
@miyauchiyuri
本展示会へのDMをご希望の方は 
mail:bookshopkasper@gmail.com まで
お知らせください








CV


Yusuke Tsuchiya



1985  Born in Chiba,Japan

2009  BFA,Sculpture,Tokyo University of the Arts

2011  MFA,Sculpture,Tokyo University of the Arts


Solo Exhibition

2019  "Mirror" (Morinpia-Kozu,Gallery Umi/Chiba  Gallery KIDO Press/Tokyo)

2016  "Yusuke Tsuchiya solo show" (Gallery KIDO Press, Tokyo)

         "nowhere" (Gallery KIDO Press, Tokyo)

2015  "Yusuke Tsuchiya solo show" (Kozu no Mori Community Center, Chiba)

2014  "know" (Gallery KIDO Press, Tokyo)

2012  "gilding" (Gallery KIDO Press, Tokyo)

2010  "dreamer" (Gallery KSEIHO, Tokyo)

2009  "your world" (Gallery UMI, Chiba)


Group Exhibition/Art Fair

2019  "Congrats-Spring color-"(geidai art plaza,Tokyo)

2017  "SHU-SHU-SHU-SHOW" (Spiral garden, Tokyo)

2016  "3331 Art Fair" (3331 Arts Chiyoda, Tokyo)

2015  "3331 Art Fair" (3331 Arts Chiyoda, Tokyo)

2013  "The Art Fairs Plus Ultra" (Spiral garden, Tokyo)

         "Yukino Oishi & Yusuke Tsuchiya Sculpture Exhibition" (Gallery KIDO Press, Tokyo)

2012  "Cozy Winter" (Annex Gallery,Kawamura Memorial DIC Museum of Art, Chiba)

2011  "Two Sculptors : Churyo Sato&Yusuke Tsuchiya" (Gallery KIDO Press, Tokyo)

         "Plus The Art Fair 2011" (Tokyo Art Club, Tokyo)

         "TAMAVIVANT: Searching now" (TAMA Art University/Parthenon TAMA, Tokyo)

         "Neo-Buddhism" (Gallery KIDO Press, Tokyo)

2010  "The 3rd Le Chat Qui Parle" (Sakura City Museum of Art, Chiba)

2009  "ART AWARD TOKYO MARUNOUCHI 2009" (Gyoko-dori Underground Gallery, Tokyo)

         "The real me in art and art in me" (Karasawa Clinic, Tokyo)


Other works

2016  "101Kyositsu" (Author:Kei Nitadori / My work is used for Binding)

2012  "Lesson of the evil" (Directer:Takashi Miike / Provision of my works)





土屋 裕介


1985   千葉県生まれ

2009   東京藝術大学美術学部彫刻科卒業

2011   東京藝術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了


個展

2019  Mirror」(公津の杜コミュニティセンター、ギャラリー海, 千葉・Gallery KIDO Press, 東京)

2016  「土屋裕介展」(Gallery KIDO Press, 東京)

         nowhere」(Gallery KIDO Press, 東京)

2015  「土屋裕介展」(公津の杜コミュニティセンター, 千葉)

2014  know」(Gallery KIDO Press, 東京)

2012  gilding」(Gallery KIDO Press, 東京)

2010  dreamer」(ギャラリーせいほう, 東京)

2009  your world」(ギャラリー海, 千葉)


グループ展/アートフェア

2019  「おめでとうの春色展」(藝大アートプラザ,東京)

2017  「蒐集衆商」(スパイラルガーデン, 東京)

2016  3331 アートフェア」(3331アーツ千代田, 東京)

2015  3331 アートフェア」(3331アーツ千代田, 東京)

2013  「ジ・アートフェアズ・プリュス・ウルトラ」(スパイラルガーデン, 東京)

         「大石雪野×土屋裕介 二人の彫刻家」(Gallery KIDO Press, 東京)

2012  Cozy Winter」(DIC川村記念美術館付属ギャラリー, 千葉)

2011  「二人の彫刻家 佐藤忠良(銅版画)×土屋裕介(彫刻)」(Gallery KIDO Press, 東京)

         「プリュス・ジ・アートフェア 2011」(東美アートフォーラム, 東京)

         TAMAVIVANT:ただいま検索中」(多摩美術大学/パルテノン多摩, 東京)

         「ネオ・ブッディズム」(Gallery KIDO Press, 東京)

2010  「第三回ルシャキパル展」(佐倉市立美術館, 千葉)

2009  「アートアワードトーキョー丸の内2009」(東京駅行幸地下ギャラリー, 東京)

         「アートの中のわたし、わたしの中のアート」(からさわクリニック, 東京)


その他

2016    書籍「一〇一教室」(著者:似鳥鶏 / 装丁)

2012    映画「悪の教典」(監督:三池崇史 / 作品提供)






Copyright ©BOOKSHOP Kasper. All rights Reserved.