BOOKSHOP Kasperブックショップ カスパール

2021/03/20

Interview with Fumiko Nagano


美しい色彩の揺らぎや

自然物を想起するような荒々しい量感


無限に増殖していくような結晶や

命の始まりのような気泡を内包し


長野史子の作品は

私たちの持つ肉体の限界を超えて

世界に存在し続けることを

謳っているのだと思う




-BOOKSHOP Kasper-










----------------------------------------------------------




長野史子さんへのインタビュー




1.長野さんの好きな季節を教えてください。


冬です。




2. エッグシリーズが生まれたきっかけについて教えてください。



色は鉱物を組み合わせて作られています。

ですので、2色を重ねた時に面白い反応が出るときがあります。


このEGGの白と黄色がその代表で、

重なった部分がグレーになり、キワが濃いめの目のグレーになるのが好きで、

それを生かしたシンプルなデザインでEGGがうまれました。


色が暖まって緩くなる温度もそれぞれ違いますので、

色の境目で厚みが変わり、自然な歪みができるところも魅力です。




3. オブジェを制作されているときに、イメージしていること、

あるいは作品には込めているメッセージがありましたら教えてください。


オブジェはそれぞれにストーリーがあります。

例えば、もうかれこれ15年ほど製作している『DICE


子供達が小さい頃はコックピットのような4畳半の工房で、

このサイコロを作っている時間がとても大切な時間でした。


閉ざされた空間で製作していても、

ガラスの中に浮かんでいるようにみえる数字を

見ていることで気持ちが解放されました。


透明の不思議さ。

宇宙は手のひらの中にありました。




4. ガラスという素材のもつ魅力について教えてください。


月を眺めていて、ガラスと似ているなと感じています。

自身は透明のような存在でひかりに照らされてその姿を現す。


そんな、『存在の不確かさ』と『儚さ』。

一見儚いけど、太古から多くの人を魅了し続けている存在感。




5. Kasperでの個展の構想についておしえてください。


今回は初めての展示になるので、作風の幅広さをご覧頂きつつ、

カスパールさんの持つ世界観に寄り添いつつ、

自分の表現できればと思っています。



----------------------------------------------------------



Interview with Fumiko Nagano



1. What is your favorite season?

 

Winter.




2. What gave birth to the “EGG” series?


Colors are made by combining minerals.

Layering two colors sometimes makes interesting reactions.


“EGG” is a good example of that.

I like that the overlapping white and yellow part  turns into gray 

with an edge of darker gray.

“EGG” was born through  taking advantage of this simple design.


The color gets heated and softened in different temperatures 

every time and the glass thickness changes at the boundary 

line between colors.

This creates natural deformation which gives a certain charm.




3. Tell us if you have any visions or messages 

when making glass objects.


They have stories.

For example, in the “DICE” series, 

which I have been making for about fifteen years.


I used to have a tiny studio which was like the cockpit of a small plane.

The time I was making the “DICE” series in there was so precious.


Even though I was working in such a confined space, 

looking at the numbers floating in the glass released my feelings.


A wonder of transparency.

The universe was in my hand.




4. What fascinates you about glass as a material?


Looking at the Moon, it feels like it’s similar to glass.

Its existence is transparent and 

it appears through getting lit by the sun.


“Uncertainty of existence” and “fragility”.

It seems fragile but its presence has been fascinating people 

since time immemorial.




5. Tell us about the concept of the upcoming show at Kasper.


This is going to be my first show at Kasper, 

so I would like to show a wide range of my works 

and express myself along with Kasper’s view of the world.








2021/03/13

FUMIKO NAGANO GLASS WORKS


2021.3.27(sat)-4.11(sun)

FUMIKO NAGANO GLASS WORKS

CLOSED: Monday & Tuesday


ガラスを素材に創作活動を行う長野史子さんによる個展を開催いたします


光の造形が導く

時間を浮遊するような感覚

瞬間が永遠へと凍結されるような

脆さと強さの両義性

たくさんの方に感じて頂けましたら幸いです



本展では長野史子さんの作品集

『Fumiko Nagano glassworks』を併せてご紹介させて頂きます









長野史子

1998


大学卒業後、テレビ局の美術演出の仕事のかたわら、

ガラス工房に通い作品を制作し発表する。


2005


瀬戸市新世紀工芸館終了後、

瀬戸のキッタヨーコ氏の工房、瀬戸のピーターアイビー氏の工房(現在は富山)

工房IEMAK(名古屋)などで作品制作。



2006


リムアート(現在のPOST)(恵比寿)にて個展

以後数年間、育児と工房設計と並行しての活動



2012



自宅兼工房が完成 

各地で個展など開催



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Fumiko Nagano


1998


Graduated from University of the Arts.

While working as an art director at a TV station , 

I continue to make glass works.


2005


Until I got my studio , 

I made a work at Seto City New Century Craft Museum,

Kitta Yoko's studio, Peter Ivy's studio, studio IEMAK etc.

 

2006


Solo exhibition at Lim Art (present POST) (Ebisu)

After that, for few years I have had exhibitions, 

raised children and , planned and prepared for my studio.

 

2012


 

My studio and home was completed and

I have held solo exhibitions in various places.





2021/02/16

木と根 京都展 Ⅲ



2021.2.27(sat)-3.14(sun)

木と根  京都展 Ⅲ





今年で3回目の開催となる京都展
今年も器と道具やアクセサリー、
京都のおいしいものたちが並びます
ぜひお気に入りを探しに遊びにいらして下さいませ
安全にお買い物して頂くため
startより3日間は
ご予約制させて頂きます 




たくさんのご予約をありがとうございました。
安全にお買い物して頂くため、
三日目以降もご予約の方をご優先に
ご案内をさせて頂きます。
ご理解いただけましたら幸いです。



2月27日 土曜日
11:00- ×
12:00- ×
13:00- ×
14:00- ×
15:00- ×
16:00- ×


2月28日 日曜日
11:00- ×
12:00- ×
13:00- ×
14:00- ×
15:00- ×
16:00- ×


3月1日 月曜日
11:00- ×
12:00- ×
13:00- ×
14:00- ×
15:00- ×
16:00- ×


3月2日 火曜日 定休


3月3日 水曜日
11:00-  ×



伊藤聡信さん
・井山三希子さん
・岡田直人さん  
の作品は
3日目まで、お1人につき2点までとさせて頂きます





作品の在庫数や内容に関して
お電話やDMでのご質問は
対応しておりません
どうぞ宜しくお願い致します






【ご予約方法】

mail:bookshopkasper@gmail.com まで
お名前、ご希望の日時、お時間、お電話番号をお知らせください








2020/11/24

Interview with Anima uni


たましい ひとつ

そんな名前を持つものたち


ひととせかい 

わたしたちの体の細胞の中にある記憶

太古の海にいた頃の命の記憶 


ジュエリーは

世界と自分をつなぎとめ

わたしらしくありたいと願う時

静かな共振を呼び起こす


鮮やかな果実や

愛らしい草花をモチーフとした

長野麻紀子の手がけるなジュエリーの世界

2020年を締めくくる華やかな展示会となります。

ぜひ遊びにいらしてください




-----------------------------------------------------------------------------------


Anima uniへのインタビュー


①ジュエリーデザイナーになる前に学ばれていたことについて教えてください。


ちいさなころから、アリやきのこや石ころなどのちいさないきもののふるえるせかいを、

じいっとみつめているのが好きでした。

みんないきてることが、ただただふしぎで。


その延長で、当初は大学で生物学を専攻したのですが、

あるときふと、せかいの探究について、分類、分析して知の世界を構築していく理系の学問よりも、

もしかしたらアートのほうからアプローチする方が、じぶんには向いているのではないかと、

気づいてしまったのがきっかけでアートに転向、

ロンドンのゴールドスミスカレッジでファインアートを学びつついろんなところを旅してまわっていました。


ジュエリーを志したのは、さらにその後。

金属を扱う技術を身につけたくて、働きながら夜間に彫金を学び、

その後は独学に近いかたちで、つくっていたら、いつのまにかこんなふうになっていました。




②旅はお好きですか? 印象的だった場所や思い出について教えてください


旅先では、とりたててなにをするでもなくただぶらぶらと

その土地、その場ならではのくうきに身をひたすのが好きです。

風のにおいとか、光線の具合とか、そうしたささやかなことに惹かれます。

なにかの加減で、ふらり導かれるように辿りついたり、

おもってもいなかった扉がひらくことがあって、

忘れがたい瞬間が記憶のなかでいまもきらめいています。


何年か前に、一生の夢と想っていたオーロラをついにアイスランドで

目の当たりにすることができたのですが、

ぽたぽたと灯りのともる夜のレイキャビクの街の上空に

灰色のヒョロヒョロでニョロニョロの雲がやたらと素早く蠢いていて

まさかこれが、オーロラ!と、衝撃を受けたことも懐かしいです。


極光は強いときは、人間の眼にも緑やら赤やらゆらめく色が見えるのですが、

弱いときには、そんなふうに灰色にしか見えないのだそう。

カメラのレンズを通せば、そんな時でも緑に発光して映るのだということをはじめて知りました。

後日、一晩中爆発するようなオーロラが現われた夜は、

オパールを夜空にぶちまけたみたいに色とりどりにさざめいて怖いほど。

網膜が染まってしまいそうに。

とてもしあわせな旅時間を覚えています。




③ブランド名の由来について教えてください


Anima uni 

たましいひとつ、の意。

ラテン語で Anima がたましい、uni はラテン語の1と、棘皮動物のウニをかけています。

まだ制作をはじめていない頃、旅のある晩に、

そんな名でジュエリーをつくっているというふしぎな夢をみたのが由来です。




④ジュエリーを通して表現したいと思うことは、どんなことでしょうか?


ジュエリーは、ひとのりんかくに寄り添って存在するところに、惹かれます。

ひととせかいとの交点ともなりうる存在。

ときにはお守りのように、

みずからを確かめる時にそっと共鳴して力を与えてくれるような、

そんなジュエリーを手掛けたいとおもっています。




Kasperでの展示の構想について教えてください。


Kasperさんは、はじめて訪れたときから、ふしぎとこころ惹かれる空間。

そして、今回はジュエリーとアートの二つの世界の展示。

吸って吐いてをくりかえす呼吸のように、

自然と両のてのひらから生まれてくる泡のような、細胞のような、星屑のようなちいさな立体作品と、

その延長線上で、こどもの遊びのように自由なジュエリー。

イラストレーター、ガーデナーでもある大野八生さんとのコラボ uniniから、

絵本のなかから抜け出してきたような、愛らしい指輪の新作コレクションもお持ちします。






-----------------------------------------------------------------------------------




Interview with Anima uni



1. Tell us about what you learned before you became a jewellery artist.


Since I was a little kid, I always liked to stare at the realm of little creatures like ants, 

mushrooms and pebbles...It was just wonder.


I majored in Biology at university because of my interest, 

but one day I realized that Art would fit me better than scientific academics 

which establish the world of knowledge by classifying and analyzing, 

so I switched over to a career in Art. 

While I was learning Fine Art at Goldsmiths in London, I travelled to a lot of places.


It was much later when I aimed to work on jewellery.

I wanted to have the skill to work with metals, 

so I learned jewellery making at a night school while working during the day. 

After that, I studied almost by myself and became like this before I knew it.





2. Do you like traveling? 

Tell us about the places or memories that left impressions on you.


I like to just wander around and soak in the local atmosphere while traveling, 

not doing anything special particularly.

Im attracted to small things like the smell of the wind, a ray of light.

Sometimes I got to an unexpected destination 

as if I was guided or an unexpected door opened.

Those unforgettable moments still sparkle in my memories.


Several years ago, I finally saw the northern lights in Iceland, 

which was my lifelong dream.

Grey spindly clouds were wriggling quickly in the night sky above the town of Reykjavik. 

I was very shocked when I knew that was it!


When the northern lights are strong, you can see wavering green or red colors, 

but when it is weak, you only see grey things like I saw.

I also knew for the first time that the grey northern lights 

still give off green lights through the camera lens.

Later on, explosive northern lights appeared through the night.

It was colorful and noisy like opal scattered into the night sky.

It was almost scary as if my retina would get stained.

I remember it was a very happy time during a trip.





3. What does the name Anima uni mean?


Anima uni means one soul.

Anima means soul in Latin. uni means one in Latin and also sea urchin, 

members of Echinoderm, in Japanese.

It comes from a dream that I had on one night on a trip in the early days of my career. 

In the dream, I was making jewelry under the name.





4. What do you want to express through jewelry?


Im attracted to jewellery because it stays close to the outline of people.

It could be an intersection of people and the world.

I would like to make jewellery that could resonate gently and 

support you like a charm when you make sure you are being yourself.





5. Tell us about the concept of the upcoming show at Kasper.


Kasper is the place I have been feeling drawn to since my first visit. 

This time, it will be an exhibition of two worlds, jewellery and art.


There will be small three-dimensional works like repeating breathing in and out, 

like bubbles coming out of both hands by itself, like cells, 

or like stardust, and as an extension of that, jewellery which will be open like childs play.


Ill also bring a new collection of rings from Unini, a collaboration with Yayoi Ohno, 

which are lovely, as if they come straight out of a fairy tale.






Copyright ©BOOKSHOP Kasper. All rights Reserved.