BOOKSHOP Kasperブックショップ カスパール

2017/10/17

三浦秀彦展 「音と聴覚のワークショップ Amplified Objects」


【大気と地形の前意識」三浦秀彦展 関連イベントのお知らせ】
音と聴覚のワークショップ Amplified Objects

会期  2017年 10月28日(土) 14:00〜16:00 
場所  BOOKSHOP Kasper


現在開催中の三浦秀彦さんの個展「大地と地形の前意識」。

そこには、無意識と知覚の関係性をふっと意識させられるような、 観る側の意識が静かに拡張されるような景色が あります。

メッセージ性の高い作品よりも、遊具や庭園を創るような受け手の自由度の高い作品を創りたいという三浦さん。
今回は、音と聴覚をテーマに実験的なワークショップを開催して下さいます。

日用品や様々な素材を響かせ、電気的に増幅して音を出してみたり、スピーカーを使わず物自体を振動させて音を出したりする音響実験ワークショップです。



講師:   三浦秀彦
参加申し込み   info@kasper.jp    
参加費: ドネーション制

※ お子さま連れでも参加できます。ぜひお気軽に遊びにいらして下さい。







「arch」hidehiko Miura / 2015   
天井に吊り下げられた音響造形物。
透明なプラスチック部分から音を発します。



2017/10/15

大気と地形の前意識 / 三浦秀彦展

大気と地形の前意識 / 三浦秀彦展
2017年10月15日(日)ー29(日)


これまでインスタレーションを中心に、「大気」と「地形」に関係する作品をつくってきました。「大気」と「地形」は、意識の中心にはなく周縁にあるにも関わらず、常に心理や行動に影響していることを体験を通して気づき興味を持ち続けています。
気象現象や天気、気象現象や天気、肌で感じる風や気温、大気の振動である音、部屋の響き具合、微かな傾斜に感じる重力、坂道の記憶など、切っ掛けがあれば意識の表層に現れますが、大半の部分は深く意識しないまま受け取り、そして反応しているものです。そのような意識と無意識の双方にまたがる領域の意識は「前意識」と呼ばれています。

ドローイングを描くとき、何を描くか始めに設定することはありません。手を動かし、目の前で起きている現象への好奇心のみが、描く事を押し進めます。紙に傷をつけそこに色をしみ込ませてみたる、画面上に水たまりをつくったり、絵の具のついた紐を画面に無造作に投げつけたり。利き手ではない左の手で描いたり、目を使わずに描いたりします。それは一見無意味のように思えますが、自分でも驚くような出来事に出会う機会を増大します。結果的に画面上の出来事は、ストカスティックに進行してある収束を見ます。改めて自分でその定着したドローイングという投影物を解釈すると、それは「大気」り「地形:の間食が共通してあることに気づきます。顕像化する前のイメージ、様々な可能性が未決定のまま多重露光された「前意識」としての像を生け捕ることを目指しています。








【三浦秀彦】
1966年岩手県宮古市生まれ。1990年代より地平線や地形、大気をテーマに身体性やインタラクションを意識したインスタレーションの制作と発表を続ける。
96年「最も遠くにある音に耳を傾け、それに音をつけ加えてみる。」Gallery Canolfan(名古屋)
01年「大気の地形にそって」Gallery Art Space(東京)、
04年「等高線を辿って」日本科学未来館(東京)
04年「Tube / Cave」BankArt馬車道(横浜)
12年「花をうつす、いきられた部屋」旧柳邸(横浜)
14年「Sound Vessel」(MEDI-ARTz ZUSHI 2014 出店作品)などがある。

1990年 千葉大学工学部工業意匠学科卒、1992年同大学院終了。ヤマハ株式会社デザイン研究所勤務後、1997年渡英、ロイヤル•カレッジオブアート(RCA)ID&Funiture(MA)コースでロン•アラッドやアンソニー•ダンに学ぶ。2000年クラウドデザイン設立。
プロダクト、家具、空間、インタラクション等のデザインの実践と実験を行い、日常の中になる創造性や意識、モノと場と身体の関わりについて考察している。

2017/09/26

石井佳苗さん「Dairy Life」startしました




石井佳苗さん「Daily Life」展、連日大盛況でたくさんの方にお運び頂いております。



アフガニスタンの石井さんお気に入りのスザーニが旅立ち、インドのカンタのラグや、ウェールズブランケット 、鳥籠、
弧を描いたアームが特徴的な1960年代のヤマギワのランプなど、大物が沢山旅立ちました

ブックカフェスペースに展示されております、オールドトライバルラグ(民族系)も、すてきな方々の元へ次々に旅立っています。





今週の石井佳苗さんの在廊は、27、30、1日の予定です。



期間中、石井佳苗さんの著作をお求めのお客さまにはオリジナルランドリーバッグをプレゼントさせて頂きます。



石井さんの世界観やDIYのヒントがギュッと詰まった本の世界、お買い物と併せてお楽しみ下さい。






2017/09/18

Mount Shasta Apothecary exhibition「月と暮らす」



Mount Shasta Apothecary exhibition「月と暮らす」

本日、イベント最終日となりました。




昨日のシャスタの旅のお話会、お足元の悪い中、たくさんの方にご参加頂き、ありがとうございました。

岡本さんのご家族に起きたシャスタでの物語。

みなさんと耳を傾けることが出来てかけがえのない時間になりました。



最終日の今日は、岡本さんによるチャクラオイルを使った丁寧なカウンセリングを交えながら、お一人ずつハーブティー選びのお手伝いをさせて

頂きます。

灰方るりさんにスタイリングをして頂いた、ギャラリー空間もお楽しみ下さいませ。



本日限定で、 Woldpastriesさんの生フルーツタルトも販売します。


みなさまのお越しをお待ちしております。










2017/09/15

Daily Life -Kanae Ishii Exhibition in BOOKSHOP Kasper






9/23より、インテリアスタイリストの石井佳苗さんによる、 セレクトショップが期間限定でkasperのギャラリーに openします。


これからの季節にぴったりな ファブリックを中心に選りすぐりの雑貨や家具、 
オリジナルマクラメ作品などが並びます。 


また石井佳苗さんがご自宅で実際に使用している DIY作品の展示(非売品)もございます。 
みなさま、ぜひ足をお運び下さいませ。


このイベントを記念して、石井さんの監修のもと

音楽家 • KENJI KIHARA(sphontik)による オリジナルアルバムを限定数で製作いたしました。
 自宅でゆったりと寛ぐ時のBGMにぴったりのアルバム。 
お買い物と併せてお楽しみ下さい。



-Daily Life-  special event】

9/23 (秋分の日) 
オープニングでは、昵懇さんによる 秋分の日 ランチプレート(¥1500)をお出しします。 満席

9/30 (sat) 
石井佳苗さんによる、マクラメプラント ハンガー作りワークショップ。
11時〜/14時〜 ¥4,000(材料費•お茶付) 満席

10/3(tue) 
石井佳苗さん•フラワースタイリスト 平井かずみさんによるマクラメタペストリーと花生けのワークショップ。 14時〜¥8,500(材料費•お茶付)
満席

10/8 (sun) 
限定2組さまに、石井佳苗さんの インテリア空間で昵懇さんによるコースのお料理を召し上がって頂きます。 
今回オリジナルアルバムの制作に 協力して下さったKENJI KIHARA (sphontik)さんによるLIVEも。 

どんな一日になるかお愉しみに。 (お一人さま/¥10,000) ※当日はご予約の方以外、 ギャラリーへの立ち入りはできません。

 あらかじめ、ご了承下さい。 

イベントの参加ご希望の方は、mail:info@kasper.jp  もしくは tel:046-874-7031 まで、
ご希望のイベント名、時間帯、お名前、ご参加人数、ご連絡先のお電話番号を明記の上、お申し込みください。






Copyright ©BOOKSHOP Kasper. All rights Reserved.